丁寧に揉みほぐすことで毛根や頭皮全体が良い状態に保たれる

医学的な治療効果とは別に、地肌をマッサージするという行為はAGAの治療をする上で補助的な影響が大きいため、推奨されています。

普段から丁寧に揉みほぐすことにより毛根や頭皮全体が良い状態に保たれるので、医学的な治療をサポートしてくれるのです。

頭皮のマッサージは非常に気持ちの良いものですし、新陳代謝が活発になり、脱毛や肌トラブルを招く角栓を生じにくくし、古い代謝物がとれやすくなるため、匂いや抜け毛の発生を防ぎます。

現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大きく分けて2つあります。

よく知られているところでは薬の内服、外用薬の塗布といったお薬が中心の治療で、もうひとつは髪の根元にじかに有効成分を注射する医療的な施術を行うことです。

どちらが良いと一概には言えません。

体質的な問題もあれば症状の出方でベストな対策は異なるのが普通です。

病院で医師に自分の症例に最適な治療を判断してもらった上で治療にとりかかることをお勧めします。

思春期以降なら誰でもかかりうるのが男性型脱毛症(略称AGA)ですが、AGAが発症するかどうかには個人差はあるものの男性ホルモンの影響が強いと考えられています。

男性なら誰もが持つテストステロンというホルモンが人の身体の皮脂腺から分泌される特定の酵素によってジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに変わることで発毛が抑制され脱毛の症状が出ることが判明しています。

5-α還元酵素がどのように分泌されるかは遺伝子による差があるのが定説で、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。

普通に薬局で売られている育毛剤でも男性型脱毛症の改善に効果のある薬品の含まれているものがあります。

プロペシアと同様の成分が含まれたものは現状では医者からの処方箋がないと買えませんが、一方でミノキシジルを含む薬、ケア用品等は大衆薬として市販されています。

中でも知名度が高いのは大正製薬のリアップですが、リスク区分上で第一類医薬品として指定されている以上、たとえ陳列棚に並んでいても薬剤師がいない時間帯には販売できないことになっています。

何年もかけて薬で治療するより短時間で効果を得たい。

しかし、なんとなく植毛は嫌だというAGAの患者さんにしばしばお薦めする治療方法は、医療機関で行う育毛メソセラピーしかないでしょう。

ミノキシジルやフィナステリドなど発毛に有効な物質を極細の針やレーザーなどを使って地肌に注入浸透させ、薄毛を早期解消するための施術です。

針を使用するほうが価格は安いですが、ノーニードル法といって針を使用しない方法もあって、希望によってこの2方式を組み合わせて施術することもあれば、内服薬などの薬と合わせて治療することも可能です。

新陳代謝を活発化させ血の巡りを良くすることは、現在進行形のAGAにストップをかけるだけでなく、予防にも役立つのは言うまでもありません。

手軽で続けやすい方法としては、足湯というのもなかなか効果があります。

一時期女性にもブームだったので家電量販店でもフットバスマシンは何種類も並んでいると思いますが、実は深めのバケツなどに足を浸すのでも構いません。

その時間に音楽を聴いたりアロマバスにして愉しむのも良いでしょう。

嗜好品なので止めるのは難しいかもしれませんが、育毛やAGAの治療を妨げるものとして最たるものがタバコです。

タバコを嗜む人ほどAGAの症状を進行させるジヒドロテストステロン(DHT)という性ホルモンが増加するからです。

おまけにタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、体にも髪にも二重に悪影響をもたらすことになります。

真面目に治療に通ってもこれでは元も子もありませんし、自分なりにAGAかと疑う症状があるのでしたら早いうちに禁煙するほうが、症状が進む速度も遅くなります。

頭髪が新しく生えて成長してから自然に抜けるまでのフェイズをひとまとめにして毛髪周期(ヘアサイクル)と呼びます。

健康な人では、成長期はもっとも長く2年から数年に及び、成長速度が遅くなる退行期を迎え、それから毛包が休止する休止期に入り、自然に脱毛します。

なのにAGAを発症するとヘアサイクルが乱れ、この成長期が短くなり、これからまだ成長するべき髪がどんどん寿命を迎えてしまうので、結果的に髪が薄くなります。

フィナステリド製剤のプロペシアやミノキシジル配合薬がAGAの治療の現場では2大勢力です。

プロペシアは医療用医薬品ですが、最近になってジェネリックのフィナステリド錠が販売されています。

AGAというのは普通、治療に時間がかかるものですから、治療費の負担も継続的に続くことになります。

トータルコストを抑える方が楽ですから、後発薬を使用することは良いことです。

頭皮は髪を支え育てる土台ですが、その地肌は皮脂腺が発達しているため、洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、正常な代謝ができなくなって抜け毛やフケの大発生につながります。

ですから地肌の清浄さを保つことは育毛の第一歩だと考えていただくと良いでしょう。

すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。

また、必要に応じてスカルプケアシャンプーを使用すると効果的ですし、髪と地肌のために良い方法を選択していくことによりAGAの治療を助けることができます。