睡眠の質を高める事は髪の健康と密接な関わりがある

当然ですが、毎日の食事が髪の毛の質を左右します。

薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、たんぱく質が豊富に含まれている食べ物です。

髪の毛の成長のために、たんぱく質は必須の栄養素です。

たんぱく質補給でおススメなのは大豆、卵、乳製品などの食品です。

とりわけ、大豆に含まれている成分は、薄毛を促進する男性ホルモンの働きを抑える作用があるので、育毛におススメの食べ物です。

生活習慣の改善の中でも、睡眠の質を高める事は髪の健康と密接な関わりがあり、育毛治療の効果上昇に繋がります。

なぜなら、体にとって休息、修復、成長の時間である睡眠は、分泌される成長ホルモンが体内の栄養を使って、髪や肌、内臓の成長や修復を促しているのです。

睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれる22時から2時の間は脳内から出る成長ホルモンの分泌量が増加するので、このゴールデンタイムは眠っておくよう心がけることで育毛にもプラスになります。

髪の毛をセットする際に使われる整髪料ですが、基本的に育毛にはマイナス効果です。

なぜなら、汚れと整髪料が混ざって髪に絡むので普通にシャンプーするだけでは落としきれない事が多く、頭皮に付いたまま残ってしまうとそれが毛穴のトラブルを引き起こしてしまい、健康的な髪の成長を阻害します。

それでも使用する必要がある場合は、出来るだけ頭皮部分には触れないタイプの整髪料を使い、シャンプー後も3分以上は水で洗い流すようにしてください。

健康な人のヘアサイクルから計算すると、誰でも1日当たり50本から100本の抜け毛が出るものです。

季節によってはさらに抜けることもありますし、反対に髪の伸びが早まったり、生えやすくなるといった時もあります。

季節の中では、夏の終わりが最も抜け毛が多くなる季節だと言われています。

梅雨による湿気と夏の紫外線のダブルパンチで頭皮環境が悪化しているのと、身体に備わっている自然の働きで秋や春などの季節の変わり目は、古い毛が抜けて新しい髪の毛が生えやすい時期になるので、抜け毛が増加するのです。

意外にも、育毛には身体を動かすことが大切です。

適切な負荷の運動は、身体の代謝が上がり、汗をかきやすくなって血行が良くなります。

実は、これが育毛にとってプラスになるのです。

身体の新陳代謝が良くなるということは、細胞が活性化したということになりますから、髪や頭皮が健康的になるのです。

けれども、単純に運動をすると髪の毛が生えるといった話ではなく、育毛治療の効果を発揮しやすい体質に変えるという話になります。

美しい髪のためには栄養素のひとつである亜鉛が欠かせません。

亜鉛は、髪の毛の主成分であるタンパク質を髪の毛に取り入れるために必要不可欠な成分なのです。

また、薄毛を促進させるというDHTという成分の活性化を抑える効果があることが分かっていますから、育毛と薄毛の両方に重要な栄養素だと言えます。

亜鉛を効果的に摂取できる食品といえば、牡蠣、牛肉、豚レバーなどが代表的です。

普通、肌トラブルというとニキビや炎症、そしてかゆみの症状を挙げることができます。

頭皮にも同じことが言え、体質に合わない成分の育毛剤を使うと、かゆみといった肌トラブルに悩まされるかもしれません。

肌トラブルをそのままにしておくと、育毛治療になるどころか症状が悪化する危険性があります。

育毛剤を使用後に肌に違和感を覚えた場合、使用を控えて様子を見る方が良いでしょう。

植物から抽出した精油を使ってアロマテラピーなどを楽しむ方が増えています。

心身のリラックスやリフレッシュを目的としたもの以外にも、育毛効果の期待できるオイルがあります。

具体例を挙げると、スウィートオレンジというオレンジの皮から抽出された香りの良いオイルは発汗作用から血行を促進し、頭皮の状態を整えると言われています。

いくつかのオイルを組み合わせて自分だけのヘアケアオイルやシャンプーなどを作れば、さらに育毛に効果的でしょう。

毎日のヘアケアで、誰もが必ず使うのがくしやヘアブラシだと思います。

最も多い回数、頭皮や髪と直接触れ合うもののため、育毛治療を行っているのなら髪や頭皮に良いくしやヘアブラシを使いましょう。

先がとがったものを使うと、頭皮が傷付き頭皮環境が悪化しますし、髪をとかすと静電気が発生するナイロンブラシは使用を中止してください。

少しだけ高価になるとはいえ、天然素材が使われているヘアブラシの方が良いでしょう。

度々、特定の食品の発毛や育毛効果について話題になることがありますが、科学的な実証がされていないものもあります。

代表的なもので言えば、ワカメの育毛効果でしょう。

昔からワカメは髪に良いと言われていましたが、科学的には認められていません。

海藻類にはヨウ素が豊富に含まれています。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの原材料となるもので、血行を促進する作用が確認されているため、確かに身体には良いのですが、育毛との直接的な関係はありません。